感染症の治療方法と反応性うつ病について

感染症は一般的には細菌によるものが多いので抗生物質の投与による治療が多いのですが、体外に排出することで症状が収まることが多いので無理に薬を投与せずに水分摂取などの対症療法による治療方法で自然治癒させることもあります。とくにノロウイルスによる感染症は急性の胃腸炎を起こすのでウイルスをなるべく早く体外に排出する必要があります。下痢止めなども用いてしまうとウイルスが長い時間体内に留まって増殖してしまうので、治療方法は主に対症療法に基づいたものになります。インフルエンザなどの感染力が非常に強い感染症に関してはワクチン接種による予防対策が行われますが、それでも感染した場合には抗ウイルス薬を用いた治療方法が行われて通常の場合には一週間程度で完治します。しかしウイルスは免疫力が弱い高齢者や小児の場合に他の細菌の感染症を引き起こすこともあるので、医師の判断によって抗生物質などが投与される場合もあります。反応性うつ病は人間関係や精神的なストレスなどによって引き起こされるもので、ほとんどの人に症状が出るといわれています。とくに肉親との死別や生活環境の変化、金銭トラブルなどが原因となることが多いとされていて、子供の反応性うつ病は転向やいじめなどが原因になることが多いので学校と連携して環境調整を行う必要があります。ストレスや心理的な葛藤が反応性うつ病の原因となるので、薬による治療は行われないのでカウンセリングなどを受けて心の疲れを癒やすなどの方法がとられます。また反応性うつ病を抗うつ薬によって治療してしまうと症状が長引いたり、副作用が強く出ることがあるので専門医による指導に基づいて治療を行わなければなりません。