日本と海外の感染症の違い

日本は生活環境が非常に衛生的なので海外で見られるような感染症にかかるリスクがかなり少ないのですが、性感染症に関しては粘膜の接触によって引き起こされるので近年では増加傾向にあります。とくにクラミジアの増加率は非常に高くなっていて、感染症の知識のない女子高生などに蔓延しているとされています。日本の感染症対策は主に性病や高齢者や小児に多いものに対するものが多いのが特徴でワクチン接種等に関しても保険適用をするなどの特別な措置を行っています。性病に関しては定期検診の普及に力を入れていますが、正確な検査結果を得るためには医療機関で受けなければならないので、実際に症状が出なければそのまま生活してしまう感染者が増えています。海外の感染症は不衛生な環境に多いとされる破傷風などが多いとされていて、土の中に存在している破傷風菌が傷口などから侵入することで感染するもので、発展途上国を中心に年間で数十万から数百万人の死亡者が出ているとされていて、とくに乳幼児の死亡率が高いとされています。海外で蔓延している感染症の多くは予防ワクチンによって防ぐことができるので、日本では小児定期予防接種によってワクチン接種が行われています。日本では感染者が出ていない世界的な感染症としてはエボラ出血熱がありますが、致死率は83%で他の感染症に比べて死亡リスクが非常に高くなっています。これは治療法が確立されていないことや予防ワクチンが開発されていないことが原因となっていますが、アフリカ特有の風習などによって感染拡大が起きたので、先進国が中心となって対策を講じています。現在ではギニアやリベリア、ナイジェリアなどを中心とした西アフリカで大量感染が起きています。
↓感染症の治療薬を通販で購入
アジー